きもの利久 HOME > お店がお雛様仕様になりました!

photo

お店がお雛様仕様になりました!

2018年2月2日

皆様こんにちは!きもの利久スタッフの平島です。
相変わらず寒い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

 

さて、時が過ぎるのは速いもので2018年も2月に突入しました。
きもの利久は3月の桃の節句に向けて、お店をおひな様仕様に飾り替え致しました。

 

HP2

HP3

HP4

HP5

 

今回の記事では、桃の節句について皆様にお伝えできればと思います。

 

まず中国には「五節句」と呼ばれる、季節の変わり目に邪気を祓う儀式が行われており、その習慣が日本にも伝わっています。
五節句とは、「人日(じんじつ)」「上巳(じょうし)」「端午(たんご)」「七夕(しちせき)」「重陽(ちょうよう)」の5つの節句のことを指し、桃の節句もこの五節句の一つに含まれます。
あれ?と思われた方もいらっしゃるかと思いますが、この桃の節句とは後からできた言葉で、かつては「上巳」と呼ばれていました。
上巳の節句は、3月最初の「巳の日」のことで、後に3月3日に定着しました。
中国には、この日に川で身を清めるという習慣がありました。
その習慣が日本に伝わり、紙や藁で作った人形に自分の厄を移して川に流す「流し雛」という形で広まりました。
その後、もともと貴族の間で流行していた人形遊び「ひいな遊び」と「流し雛」が合わさり、現在のひな祭りとしてお祝いされています。

 

桃の節句には、女の子の健やかな成長や、今後災いが降りかからないように願って、「雛飾り」や「さげもん」を飾ります。
また、縁起の良いものを食べると良いとされており、「ハマグリ」「エビ」「はす」「豆」などがよく食べられているそうです。

雛飾りは、2月4日から2月の中旬までに飾り始めるのが習わしとされているそうなので、皆様も飾ってみてはいかがでしょうか?
また、当日はハマグリやエビを食べて、女の子の成長をお祝いしましょう!