きもの利久 HOME > 門前の桜の花

photo

門前の桜の花

2014年3月17日

早春の光を浴びて、
門前の桜が一斉に芽吹き始めました。



背伸びをしたくなるような青空の元
木々を揺らす春風は、…

あたかも新しい出会いに誘ってくれるように
優しく頬をなでてくれ
今日という一日が素敵な日になる予感を
届けてくれているようでございます。



そんな本日は、
先日、白生地から染めさせて頂いたお着物を持って、
小倉の方に行く予定になっております。



地紋の所に天蚕糸を使った白生地を
染め上げさせて頂いた今回の色無地は
「絹のダイアモンド」と呼ばれるに相応しく
光りの中から浮き出たように地紋が輝き
地色の所の奥深さをより一層引き立てつつ
染め上げられております。



いつも感じるのですが、
お仕立て上がりの着物をお持ちする日は
本当に心が躍るようでございます。



お客さまと共に、
色々と相談をさせて頂きながら着る機会を想定し
その時、どんな風に会を彩りたいかなどの
ご要望をお伺いしながらお誂えさせて頂きますので、
届ける道すがらは、その着て頂く日の事を思いつつ
自然と笑顔になってまいります。



一方で、一人で出来上がる訳ではない今回のようなお着物は
色々な職人さんや関わって頂いた皆様の想いを載せて
お届けするので、その想いを出来上がりと共に
しっかりとご説明できるのかなどは緊張する部分でもございますが
そこは、しっかりと頭に入れつつ
喜びと共にお伝えできればと思っております。



本日のような、素敵な陽気の日に
素敵なお着物をお持ちできる幸せをかみしめつつ
これから小倉に行ってまいります。



そんな本日のお写真は
門前の桜の花でございます。
まだまだ、満開までには時間がかかりそうでございますが
素敵に門前を彩り始めております。



お近くにお越しの際は、是非ご覧頂ければと思います。

門前の桜の花