きもの利久 HOME > 夏赤城×夏九寸帯「千鳥文様」

photo

夏赤城×夏九寸帯「千鳥文様」

2014年5月13日

夏のような日差しのもと、木々は力強く
太陽へとその手を伸ばしているようでございます。
そんな日和の中ではありますが、
心地よい風だけが利久の空気を少し揺らす程度に流れ、
それに合わせたようにゆったりとした時間が流れております。

そんな本日のコーディネートは
少し夏を先取りした感じはありますが、
灰色の紗の襦袢などと合わせて頂ければ
今の季節でも良いのではと思い「夏赤城」をコーディネートさせて頂きました。

白と水色に染め分けられた夏赤城は
玉繭と伸繭を厳選し手間暇かけて糸にするため生糸とは一味違う風合いを醸し出し
鈍い光沢を帯びたような仕上がりになっております。
そんな涼やかな水面に千鳥が舞い降りたような雰囲気になればと思い
本日は、夏九寸の千鳥文様を合わせてみました。

汗ばむ季節になると、着物から遠のく方もいらっしゃるとは思いますが
意外と着方一つで涼やかさが増したり、
或は帯の具合によって汗をかきにくくなったり
少し冷房がきいているような所では簡易な防寒になったりと
呼吸をしているお召し物だからこその着心地を体感頂ける一枚のように思います。

とはいえ、思い立つまでには少々気持ちの準備が必要なのも事実ではあるかと思いますので
思い立った際には、これ吉日という事で良かったらお試しいただければ幸いに存じます。

詳しくはこちらへ

DSC_0060

DSC_0067

DSC_0075


コーディネート記事一覧 »