きもの利久 HOME > 涼やかな風合いの夏大島×モノトーンの紬地の帯

photo

涼やかな風合いの夏大島×モノトーンの紬地の帯

2014年6月8日

本日は、朝から心地よい風が通り抜け
とても清々しい心地でございました。
古都太宰府の名所「都府楼後」の紫陽花は素敵に咲き
「観世音寺」では、菩提樹の樹の下で素敵なコンサートが開催されていたと伺っております。
また「太宰府天満宮」では菖蒲の花が芽吹き
梅雨時期特有の瑞々しい花々が咲き乱れております。

そんな本日のコーディネートは
縞柄が涼やかな夏大島に、モノトーン調の紬地の帯を合わせてみました。

夏大島とは、強い撚りをかけた太い糸を用いる事で、織り目に隙間を創り独特の透け感のあるお召し物でございます。
また、その隙間から季節の風が通り抜けるような涼やかさをお届けすることから
風を感じるお召し物としても大変人気の高いお召し物でございます。

そんな風を感じながら街を歩かれる姿を想像していると少し詩的な印象を感じる気が致しましたので
本日の帯は、出過ぎずキリっとした大人な雰囲気を醸し出すように
白・黒・グレーに整頓されたモノトーンの帯を合わせてみました。

涼やかな印象の中に香る詩的な雰囲気を纏いながらの街歩き。
通り過ぎる方が、ふと立ち止まりたくなるような装いのようにも感じます。

瑞々しい花々が咲き乱れるこの季節。
日傘の下から覗く素敵な装いを是非ご堪能頂ければ幸いでございます。

詳しくはこちらへ

DSC_0027

DSC_0036


コーディネート記事一覧 »