きもの利久 HOME > 盛夏に向けてのコーディネート 絹織物「明石上布」×季節を感じる「紗袷の帯」

photo

盛夏に向けてのコーディネート 絹織物「明石上布」×季節を感じる「紗袷の帯」

2014年6月11日

本日のコーディネートは、涼やかなる絹織物「明石上布」と
今月のおすすめとしてご紹介させて頂いております「紗袷の帯」を合わせてみました。

涼やかなる絹織物「明石上布」は
明石縮で有名な新潟県小千谷市を中心に創られる絹織物でございます。
夏の暑い時期に近づいて参りますと、少しでも心地よい風を感じなたいと願うことが
多くなるかと思いますが、この明石上布は、透かし綾織の技術を応用し
縞を一定の間隔でずらしていくことによって
絶妙な風通しと、独特な風合いを実現しております。
また、その風合いを壊さぬように型摺り友禅染めで丁寧に染め上げられた撫子の花は
熟練の職人たちが一色につき一枚の型紙を使い絶妙な力加減で染め分けており
涼やかな質感をより一層引き立てているような仕上がりでございます。

そんな素敵なお着物に合わせるのは
下の生地に紫陽花をあしらい、
薄いピンク色の上の生地には蝶々を銀糸刺繍であしらう事で
紫陽花と蝶々の絶妙な距離感を再現。
今にも紫陽花に止まりそうな瞬間をおさめた一枚でございます。
紗袷ならではの距離感の出し方がとても素敵な一枚でございますので
明石上布と共に、見るものにも素敵な驚きを届けるコーディネートなのではと思います。

夏に向けて、少しづつ汗ばむ季節になってまいりましたが
目から涼やかになる事で、この季節の良さを体感できるのではと思います。
そんな季節の良さを感じに歩く、街歩きやお出掛けに是非お召し頂ければ幸いです。

詳しくはこちらへ

DSC_0050

DSC_0053

DSC_0064

DSC_0070


コーディネート記事一覧 »