きもの利久 HOME > 秋冬着物コーディネート 本加賀友禅訪問着(鶴見保次作)×金箔押しの袋帯

photo

秋冬着物コーディネート 本加賀友禅訪問着(鶴見保次作)×金箔押しの袋帯

2014年9月23日

秋冬を彩るお召し物として、昨日に引き続き
花鳥風月を描く本加賀友禅の訪問着をご紹介させて頂きます。

本日の訪問着は、宮崎友禅斎が身を寄せたと言われている加賀藩御用の太郎田屋にて
家督を務めた鶴見他吉郎を祖父に持ち、日展作家でもある鶴見保次さんが描く世界は
何だかただの絵というよりも、どことなく奥深く感じるのは私だけでしょうか・・・。

雲間から突き出た頂きに咲く梅の花は
幸福に向かい手を伸ばすがごとく高々と枝を伸ばし
精一杯の大輪を咲かせているように思います。

そんな力強いお着物に合わせるのは、金の箔押しをしっかりと施した金色の袋帯でございます。
雅やかな絵付けと共に、同系色でまとめたコーディネートでございますので
帯締め・帯揚げで如何様にも自分らしくコーディネートが可能な一枚であると同時に
その奥深い気品は、ご自身の魅力をより一層引き出す一枚かと思います。
宜しかったら、パーティーの装いとしていかがでしょうか・・・。

2014.09.23_01

2014.09.23_02

2014.09.23_03


コーディネート記事一覧 »