きもの利久 HOME > 越後おぐに夏布柿渋泥染×紗袷の夏帯

photo

越後おぐに夏布柿渋泥染×紗袷の夏帯

2014年6月6日

越後おぐにの柿渋泥染めは
地中の中にはある天然の鉄分「重炭酸鉄」を多く含む泥と共に
柿渋にひとかせひとかせ丹念に付け込み
天日の下にて長期にわたる糸ごしらえをした
自然の恵み溢れる一品でございます。

織り方も透け感のある涼やかな仕立てになっており
重厚感のある紫と茶色のグラデーションが
より一層気品を引き立てるようなお着物のように思います。

そんな素敵なお着物に合わせるのは
紗袷の夏帯でございます。

シロサギが紗の裏側から覗く透明感のある帯は
ブルーから白にかけてのグラデーションが美しく
笹の葉に金糸を少しだけあしらう事で
お着物に負けず劣らずの気品とスマートさを出しているように思います。

正に、ワンランク上のお洒落を楽しむ装いは
見るものにも纏うものにも素敵な時間をお届けできるコーディネートかと思います。

夏に向かうこの季節。
着物を着るのが億劫になる方も多くいらっしゃるかと思いますが
陽の光を遮り、風通しの良いお着物は
着方次第で涼やかな心地をお届けできるかと思いますので
夏の暑い時期こそ、お着物に袖を通してみるのも悪くないかと思います。

詳しくはこちらへ

DSC_0026

DSC_0024

DSC_0033


コーディネート記事一覧 »