きもの利久 HOME > 黄八丈(山下八百子作)×紅型帯(宮城里子作)

photo

黄八丈(山下八百子作)×紅型帯(宮城里子作)

2014年3月25日



本日は、生憎の雨模様。
春風が湿った空気をのせながら、
せっかく花開き始めたソメイヨシノの花を揺らしております。


1年越しにようやく出会えた桜なのに
自然の営みとはいえ、少し寂しい気持ちになります・・・。



そんな本日は、
気持ちのモヤモヤを吹き飛ばすような
鮮やかな黄八丈と紅型の帯をコーディネート致しました。
本日のコーディネートは、私が担当させて頂きます!



「黄八丈」

それは、八丈島に古くから伝わる絹織物で
八丈島に自生する草木を使い、
絹糸を黄、茶、黒の三色に染め上げ、
すべて手織りによって織り上げられますられる紬でございます。
そして、山下八百子さんは
その黄八丈を代々居り続ける染織家の三代目。
紡ぎだされる作品は、伝統技法を用いつつも
今回の作品のように現代的に大胆に表現されている作品も多く
鮮やかなだけでなく奥深い風合いを醸し出しております。



また、それに合わせるのは
宮城里子さんの「紅型」の帯でございます。
東洋貿易の拠点として栄えた琉球王朝。
そこには、東洋の数々の美術品や技法が集まりました。
そんな東洋美術の粋を集めた「紅型」の帯は、
不思議とどんなものにも色あせることなく、
また着物の力を損ねず似合うのも特徴のように思います。



本日は、そんな二つの土地で育まれた
技術を合わせたコーディネートを、
ラッパ水仙の花と共に写真におさめてみました。

黄八丈_紅型帯


コーディネート記事一覧 »