きもの利久 HOME > お稽古部屋 > 民謡三味線教室

photo
民謡三味線教室

「和の音色を奏でる」

和楽器の知識や経験がない方でも、その音色を聴くと穏やかな気持ちになるのはなぜでしょう?和楽器はかつて、日本人の日常の一部でした。毎日のようにどこかしらで和楽器の音色が流れていました。そのような時代を生きてきた私達先祖から受け継がれてきたDNAは、和楽器が日常から遠のいてきた現代でも生きていて、それ故に和楽器の音色は私達の心に響くのだと思います。そんな和楽器である三味線を、せわしない日常のひとコマに取り入れ、心を落ち着かせる時間を過ごしてみませんか?

DSC_0449

「民謡三味線とは?」

長唄、津軽、端唄、小唄、義太夫節…。三味線には様々な種類があります。その中でも民謡三味線は、日本全国に伝承されている民謡を演奏する三味線です。最近よくメディアで取り上げられている津軽三味線も民謡三味線の一種で、東北の民謡を演奏する三味線です。民謡には伝承されている地域の風景や情景を唄っているものが多く、それらを表現するために様々な技法を用いて演奏します。日本各地の民謡を知ると、行ったことのない地域のことも知ることができるので楽しいですよ!

DSC_0462
教室スケジュール

お稽古は月に3回(1回につき1時間)です。
※初めの1年間は基礎のお稽古になりますので、1回につき30~40分を考えております。

お稽古日に決まった曜日・時間はありません。
毎月先生との相談の上決めて参りますので、ご都合のよろしい日にちを先生にお伝えください。

入会金・月謝

入会金:2,000円
月謝:7,000円 ※初めの1年間は5,000円

講師プロフィール

藤本汐帆輝 (本名 平島一輝)。1993年、福岡県太宰府市生まれ。祖母の影響で小学2年生の頃から民謡三味線を始める。藤本流民謡三味線師範 藤本汐帆師 に師事。2003年、芸名 藤本汐帆輝 を授かり、藤本会に入会する。2006年、藤本流民謡三味線師範の免許を授かり、2011年より民謡三味線教室を開講する。現在、4ヶ所のお稽古場で三味線の講師をしながら、地元太宰府の様々な行事での演奏、また、きもの利久のイベントでの演奏も行っている。

SONY DSC