きもの利久 HOME > それぞれの物語 > お宮参り 〜着物を孫へ引き継ぐ〜

photo

「これを、孫に着せられますか?」

お持ち頂いた50年前の着物。
それは、ご本人が七五三の時にご両親に誂えて頂いたものでした。朱色に染められたボカシの一つ身は、地紋を引き立たせるように染め抜かれており、お祝いの花々を丁寧にあしらった絵付けには職人の技がしっかりと行き届いているように感じられました。また、丁寧な仕立てと保管によって、50年たった今でも、とても素晴らしい状態を維持しており、ご両親の愛情と職人たちの心遣いが随所に感じられるお着物でございました。

利久が行った事

色々と加工が必要なのではと心配されておりましたが、非常に保管の状態が良かったので、丸洗いのみ行いました。

山﨑先生写真1

お客様の声

「親の愛を改めて感じました」

時折、出してはいたものの50年近く袖を通していなかったので色々と心配をしておりましたが、どこも痛んでいる所が無いとの事で安心しました。
そして、両親が良いものを誂えしっかりと保管してくれていたことに改めて両親の愛を感じ、とても感動致しました。今回、そんな両親の想いと共に孫に着物を引き継げたことが何よりも嬉しく、素敵な一日を過ごす事が出来ました。

山﨑先生写真2